はっぴーディアーズとは

はっぴーディアーズは、北海道の結構な田舎の長万部町にあります。
「何も無いから、何かある!」と思ってほしい所ですが、長万部町というところは、ちょうど函館と札幌の中間の町と説明することが多いです。
毛がにとかにめしで一時期栄えた町ですが、人口が減少傾向にあり、約5500人くらいの小さな町です。なぜか東京理科大学基礎工学部がある町でもあり、毎年東京から1年間長万部で学ぶ生徒さん達もやって来られます。

↓Googleの地図で場所をご覧ください。

海岸沿いにありますが、この海は噴火湾と言って、波はおだやかでよくホタテの養殖業が盛んです。釣り場のスポットしても有名です。

こちらの写真(2019年1月16日撮影)はまっすぐ行くと函館に向かう方向ですが、ちょうど道路標識では100km先。右側にお店が見えてるのがそうですが、順序よくまいりましょう。

こちらは逆にまっすぐ行くと札幌方面。183km先に札幌があります。
この国道5道線沿いにあるお店が、「はっぴーディアーズ」です。

やや遠い位置から外観を撮影しました。
小学校だったので、左側が元職員室で、現在は事務所になっております。
右側の大きな部分が体育館です。こちらでは、お菓子の梱包作業や出荷作業をおこなっております。

こちらは反対側から撮影。建物のペンキは従業員で塗りました。
とにかく派手に目立たせようと。願わくはインスタ映えを狙おうとしてます。
今年も雪が溶けたらもっと派手にやりすぎたいと意気込んでいます。

まず入口の看板がお出迎えしてくれます。
下の茶色い木の看板も従業員の手作りです。

正面写真です。ちなみに駐車場は15台くらいあります。
グラウンドが第2駐車場になっておりますが、全部で50~60台くらいはとめられます。

近づいてパシャリ。
365日一生懸命営業中です!
すべて従業員で手作り。

大きな赤い扉が待ち受けています。
扉を作ったあとに、結構な重厚感で開放感に少しかけていますが、風水的には赤い扉は、”アドレナリンを分泌”させ興奮させたり、”食欲を増進”させたりするようです。興奮してご来店ください。

開けると、店内になります。
日々商品が変わったり、その時々でいろんなものを販売しております。
まだまだお店に工夫が必要です。日々進化させていきます。
では、もう一方の入口からも入ってみましょう。

洞窟風になっています。こちらも従業員の手作りです。

近づいて見ると、映画とかでよく見た”真実の口”のようなものがあります。
お約束で手を入れてから店内に入りましょう。


いらっしゃいませ!
店内ではコーヒーの無料サービスをしておりますので、ここで作ったお菓子の試食とともにお楽しみください。



店内所狭しと商品陳列しております。どうかお足元などお気をつけいただき、心ゆくまでお楽しみくださいませ。

お店では、各種カード決済はもちろんのこと、電子マネー決済、PayPay、LINE Pay、Wechat Pay、AliPayなどにも対応しております。
みなさまのご来店を心よりお待ちしております!